トップ  >  ランチョン・ギャザリング 

第41回東京大会 ランチョン・ギャザリング ~これからの学会と会誌にコミット〜

日本比較生理生化学会では、大会2日目のお昼に、学会誌「比較生理生化学」の今後について会員の皆様と一緒に考えるための『ランチョン・ギャザリング』を企画いたしました。
皆様にご愛顧いただいております「比較生理生化学」の出版に関しては、その発行形態などについて、総会でも何度か話題に上っておりますが、これまで広く会員のご意見をお聞きする機会はありませんでした。そこで、今回、お気軽に食事をとりながら、会員の皆様に学会誌の現状を知っていただき、今後の学会誌のあり方、ひいては学会の将来について考え、意見を交換する機会としてこの会を開催いたします。お気軽にご参加いただき、皆様からの忌憚のないご意見をお聞かせいただきたいと考えております。
なお、大会HPにてご案内の通り、会期中は週末のため構内の食堂・売店は全て休みです。是非、割安のランチョン・ギャザリングをご利用下さい。

  • 日時:2019年12月1日(日)大会2日目, 12:00−13:00(集合写真撮影後に開始)
  • 会場:東京大学先端研4号館2階 講堂(シンポジウム会場から写真撮影を経て移動)
  • 内容(予定):
    ・学会誌出版状況の説明(発行部数、経費、J-STAGE・PDF版の利用状況 等)
    ・学会財政状況の説明
    ・自由討論・学会員の意見交換


    ・学会本部からの補助により、1,000円相当のお弁当とお茶を500円にて販売いたします(お得です!)。大会参加者・ランチョン参加者はどなたでもお申し込み頂けます。
    ・ランチをご希望の方は、大会初日(11月30日)の午前9時までに、大会受付にて申し込み、ランチ代500円をお支払い下さい。
    ・準備の都合から、現段階でのお弁当のご希望をメールにてお送り下さい。メールには「1.所属,2.氏名,3.お弁当の希望の有・無」をご記入の上、edit@jscpb.org宛に11月22日(金)までにお送り下さい。また、ご変更があれば、お知らせ下さい。

  • 世話人: 片野坂 公明 編集幹事(問い合わせ先: edit@jscpb.org)
    (司会進行:深田 吉孝 副会長、次期会長)
  • プリンタ用画面
    友達に伝える
    投票数:4 平均点:10.00
    カテゴリートップ
    TOP