ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

閲覧数:352
アイテムタイプ CNS Data
概要
機械感覚による行動では気流検出による逃避行動が特に有名である。ワモンゴキブリは自分を捕食しようとして舌を伸ばしているカエルの反対方向へ逃げる。Camhiはこの行動を詳細に分析し、カエルが舌を伸ばそうとして口を動かす時に生じるわずかな気流の変化をゴキブリの腹部末端にある尾葉(cercus)と呼ばれる器官で検出し、気流の発生源と反対の方向へ逃げているということをみつけた(Camhi, 1984)。岡田龍一 参考文献: Camhi JM (1984) A case study: the escape system of the cockroach In: Neuroethology: nerve cells and the natural behavior. Sunderland, MA: Sinauer Associates. P 79-105.
学名
部位/行動
サムネイル画像
サムネイル画像
thumbnail
サムネイルキャプション:
ファイルリスト
ファイル Fig1_behavior.jpg
thumbnail Size: 35.4 KB
Last updated: Dec 11, 2016
ファイル説明:
DOI
cns.8.63
言語
English

Japanese
タイトル
Cockroach behavior
データ提供者リスト
データ提供者: iwatsuki
データ提供者所属機関:
キーワードリスト
最終更新日
Dec 11, 2016 18:55:04
登録日
Dec 11, 2016 18:55:04
権利
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
ダウンロード制限
ログインユーザ
ダウンロード通知
しない
関連リンクリスト
https://invbrain.neuroinf.jp/modules/newdb8/detail.php?id=63

https://invbrain.neuroinf.jp/modules/htmldocs/IVBPF/Cockroach/Cockroach_behavior.html?ml_lang=ja
インデックス
/ Public / Brain and Neurons / Cockroach
/ Public / Brain and Neurons
登録者
CNS Administrator(cnsadmin)
更新履歴
関連アイテム