ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

閲覧数:293
アイテムタイプ CNS Data
概要
クロオオアリ脳におけるセロトニン陽性ニューロン クロオオアリの働きアリ脳における抗セロトニン免疫染色像(a)と嗅覚情報処理に関わるニューロパイルに神経突起を持つ3種類のセロトニン陽性ニューロン(b-d). b. 細胞体は前大脳内側にあり,神経突起は同側の側角と反対側のキノコ体傘部のLipと側角にある. c. 細胞体の位置は特定できていないが,食道下神経節より末梢側の神経節由来の太い軸索が触角葉糸球体に終末する. d. 細胞体は触角葉の側方にある細胞体群にあり,神経突起は触角葉の背側に位置する約10個の糸球体,同側の前大脳側角および反対側の前大脳上方にある. AL, antennal lobe(触角葉); SEG, subesophageal ganglion(食道下神経節); CC, central complex(中心複合体); MB, mushroom body(キノコ体); OL, optic lobe(視葉)(Tsuji et al., 2007参照) (西川道子) 参考文献: Tsuji E, Aonuma H, Yokohari F, Nishikawa M. (2007) Serotonin-immunoreactive neurons in the antennal sensory system of the brain in the carpenter ant, Camponotus japonicus. Zool Sci 24:836-849.
学名
部位/行動
サムネイル画像
サムネイル画像
thumbnail
サムネイルキャプション:
ファイルリスト
ファイル AntBrainSerotoninNeuroant_brain7.jpg
thumbnail Size: 116.5 KB
Last updated: Dec 11, 2016
ファイル説明:
DOI
cns.7.129
言語
English

Japanese
タイトル
クロオオアリ
データ提供者リスト
データ提供者: iwatsuki
データ提供者所属機関:
キーワードリスト
最終更新日
Dec 11, 2016 16:43:06
登録日
Dec 11, 2016 16:43:06
権利
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
ダウンロード制限
ログインユーザ
ダウンロード通知
しない
関連リンクリスト
https://invbrain.neuroinf.jp/modules/newdb7/detail.php?id=129

https://invbrain.neuroinf.jp/modules/htmldocs/IVBPF/Ant/Ant_brain.html?ml_lang=ja
インデックス
/ Public / Movies and Photos
登録者
CNS Administrator(cnsadmin)
更新履歴
関連アイテム